シンガポール食レポ~Outram Park 肉骨茶~

肉骨茶 シンガポール おすすめ レストラン・カフェ

肉骨茶

深夜までやっている肉骨茶(バクテー/Bak kut teh)のお店のご紹介!!

肉骨茶とは?

ぶつ切りの豚あばら肉や内臓肉を漢方薬に用いる生薬と中国醤油で煮込んだ料理で、もともと”肉骨地”と呼ばれており、”地”と”茶”の音が似ているというところから、肉骨茶と呼ばれるようになったそうですよ!東南アジアのファストフードの一つですが、薬膳料理として紹介されることもあります。

シンガポールの肉骨茶

元々はマレーシアから入ってきた食べ物ですが、マレーシアから独立したシンガポールでは独自の変化をしています。スープは醤油ベースの薄い褐色で味の第一印象はコショウ!!と感じるほど効いています。一方マレーシアではドライ肉骨茶というスープが入っていない肉骨茶が有名だったりします。

Outram Park 肉骨茶

タンジョンパガーからハーバーフロントの方にまっすぐ行った突き当たりのビルの一階にテナントがあります。

毎週月曜日がお休みで、それ以外は深夜の3時まで営業していることから、飲み会の後に行く日本人が多いように思います。もちろんお客さんはローカルの方の方が多いお店ですが、そう行った理由からシンガポールに住む日本人にも馴染み深いお店です。

メニュー

席に着くと一枚ペロッと持ってきてくれるこれが全メニューとなっております😚

写真も入っているし見やすくていいですね!他のメニューには目もくれず②肉骨茶$7.0をオーダー!よくよくメニューを見ると肉骨湯となっています。①排骨湯も肉骨茶ですがお肉がもっと大きく、食べやすいものだった気がします。

特製の大きなポットのような鍋でよーく煮詰めているのでお肉はどれも柔らかいです。

肉骨茶の食べ方

肉骨茶を頼むとチリの入った小皿が付け合わせで出てきます。

テーブルに用意されている中国醤油をチリ小皿の中にたっぷり入れましょう!

そしてそれに豚バラ肉をディップしていただきます。見た目ほど味は濃くないですし、辛くもないです。

胡椒っ辛さが少し残っているくらいの味わいで美味しくいただけますよ😚

そして中国式の揚げパン$2.0も大抵出てきますので、そのパンを肉骨茶のスープにたっっぷり浸します。

パンの中は大きな空洞が空いていてスープに浸すくらいだとそのまま浮いてきてしまうのでお箸でつけてあげるとしっかり染み込みます。

おまけ

こちらのお店トイレは完備されておらず建物のものを使うことになりますが、あまり綺麗ではないので要注意です!そしてその周辺には寝ている人が多くいますのでご利用の際はご注意下さいませ🙇‍♂️

Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha

7 Keppel Rd, #01-05/07 PSA, Singapore 089053

6222 9610


YouTube【シンガポール在住りゅーまるこ】↓webは画像をクリック↓

【自分の中の空気が入れ替わる癒しのヘアサロン】↓webは画像をクリック↓

高温多湿でクセの出やすいシンガポールでも髪と上手に向き合える、毎日のお手入れが楽な髪型、髪質をご提案します。

チョンバル店 SMS/TEL 83326617

55 TIONG BAHRU ROAD #01-55,SINGAPORE 160055

タンジョンパガー店 SMS/TEL 87262116

7 NEIL ROAD,SINGAPORE 088807

【シンガポールで目元の手入れはここで決まり】↓webは画像をクリック↓

ライフスタイルに合わせた扱いやすいデザインと丁寧な施術、相談のしやすい環境づくりを徹底しています。

NEW OPEN SMS/TEL 83326617

55 TIONG BAHRU ROAD #01-55,SINGAPORE 160055


 
レストラン・カフェ
りゅーまるこをフォローする


りゅーまるこ 1988年12月21日

2030年シンガポールの美容業マーケットリーダーとなるために経営中

18歳、高山美容専門学校入学 /全国学生技術コンテスト出場

19歳、PEEK-A-BOO勤務 /海外20カ国放浪、都内数店勤務

24歳、バンクーバーにて就業 /Vancouver fashion week参加

25歳、シンガポールにて就業 /海外30カ国放浪

27歳、Hair Studio Flamingo 開業

29歳、マレーシア国際空港Shampoo Massage Flamingo開業

30歳、年間1ミリオン売上げ/Hair Studio Flamingo 2号店OPEN

31歳、Eyelash Flamingo OPEN

座右の銘は 「幸せは心が決める」

りゅーまるこシンガポールブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました