シンガポールから気軽にいけるおすすめの旅行スポット#2

シンガポールから行ける旅行先 海外・シンガポール生活

シンガポール在住7年目。これまでに30カ国、50都市以上に旅行してきました。その中から、シンガポールから気軽にいける、おすすめの旅行先を紹介する第ニ弾‼️今回は仏教寺院で神秘的な朝日が見れるボロブドゥールを紹介します。

インドネシア/ボロブドゥール遺跡

ボロブドゥール遺跡はインドネシア、ジャワ島中部にある古都ジョグジャカルタ特別区にあります。地元の人を含め、東南アジアの人たちはジョグジャ呼んでいます。歴史と文化に富んだジョグジャカルタには、ボロブドゥール遺跡はじめジョグジクリス(短剣)、ワヤンクリッ(影絵)、バティックなど世界無形文化遺産の登録がされています。ユネスコ世界遺産の宝庫なんです‼️インドネシアでもバリ島に次ぐ人気の観光地となっていてバリ島やシンガポールからは1泊2日で行く人が多くいます。宿泊はマリオボロという街にしました。

マリオボロの街並みはTHE東南アジアといった感じです。自分が訪れたのは5年ほど前の2015年だったので、街並みやホテルはもっと綺麗になっているかもしれませんが、もしかしたら衛生面が気になる人もいるかもしれません。街の雰囲気の写真をあげておきます。街中で馬が馬車を引いていたり、カメラを見つけると子供が寄ってきて写真を撮ってとおねだりさしてくるのが印象的な街でした。おしゃれなカフェが街に点在しているのも女性人気が高い理由の一つかもしれません☕️

さて本題に戻なんでおすすめかというと、ユネスコ世界遺産のボロブドゥール遺跡からみる朝日がとてつもなく綺麗だからです😚心洗われる気持ちになります。ちなみに、ボロブドゥール遺跡は世界最大級の大乗仏教遺跡となっています。

朝日を拝むためには、マリオボロからタクシーで1時間ほどの位置にある、マノハラホテルのエントランスにてチケット/450,000ルピア(3,500)を買う必要があります。チケットには朝食バイキングがついています。大体6半前後が日の出となるので、5時過ぎにはマノハラホテルに着くようにしましょう‼️各種ツアーなども組まれていますが、簡単に自分で行くことがでますよ👍やすいツアーの中には遺跡の外から朝日を眺めるものなどもあるみたいなのでお気をつけて‼️マノハラホテルの入り口からボロブドゥール遺跡の上までは歩いて30分ほどです。早めに着いて良い位置でぼーっと日の出を待ちました。だんだんと明るくなっていくのを見ているのが楽しく、紫っぽくなり、ピンクになり、いろんな空の色を楽しむことが出来ました。

真っ暗な中遺跡を登っていき、明るくなってきて初めて自分がこんなところにいたのか‼️と驚きました。明るくなっていくのをぼーっと眺めているのも気持ち良かったです。エストゥーパと呼ばれる鈴の様な形をしたこちらの石の置物。なんとその中ひとつひとつに、坐禅をした仏像が置かれています。


YouTube【シンガポール在住りゅーまるこ】↓webは画像をクリック↓

【自分の中の空気が入れ替わる癒しのヘアサロン】↓webは画像をクリック↓

高温多湿でクセの出やすいシンガポールでも髪と上手に向き合える、毎日のお手入れが楽な髪型、髪質をご提案します。

チョンバル店 SMS/TEL 83326617

55 TIONG BAHRU ROAD #01-55,SINGAPORE 160055

タンジョンパガー店 SMS/TEL 87262116

7 NEIL ROAD,SINGAPORE 088807

【シンガポールで目元の手入れはここで決まり】↓webは画像をクリック↓

ライフスタイルに合わせた扱いやすいデザインと丁寧な施術、相談のしやすい環境づくりを徹底しています。

NEW OPEN SMS/TEL 83326617

55 TIONG BAHRU ROAD #01-55,SINGAPORE 160055


 
海外・シンガポール生活
りゅーまるこをフォローする


りゅーまるこ 1988年12月21日

2030年シンガポールの美容業マーケットリーダーとなるために経営中

18歳、高山美容専門学校入学 /全国学生技術コンテスト出場

19歳、PEEK-A-BOO勤務 /海外20カ国放浪、都内数店勤務

24歳、バンクーバーにて就業 /Vancouver fashion week参加

25歳、シンガポールにて就業 /海外30カ国放浪

27歳、Hair Studio Flamingo 開業

29歳、マレーシア国際空港Shampoo Massage Flamingo開業

30歳、年間1ミリオン売上げ/Hair Studio Flamingo 2号店OPEN

31歳、Eyelash Flamingo OPEN

座右の銘は 「幸せは心が決める」

りゅーまるこシンガポールブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました